読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SilverHyper’s blog

下らないブログ

E-P5 レンズの絞り動作のその後

1月頭にE-P5 明るいレンズの絞り動作について - SilverHyper’s blogを書いたが、その後「この動きの問題点」で書いたことが気になりオリンパスに問い合わせを行ってみた。

EVFで開放に見えないのは故障?

私の質問を要約すると「EVFは常に絞り開放で表示されるものと思っていたが、実際に明るいレンズで絞り開放にした場合、開放ではなくある程度絞られた状態で表示される。これは仕様か?」といった内容だ。

これに対しオリンパスのカスタマーサポートセンターは、実機で確認したがEVFの表示は開放で表示され絞られて表示されることはない。 との回答で、もし絞られて表示するなら故障の可能性もあるため、ピックアップサービスで実機を点検させて欲しいとのことだった。

つまりEVF表示は、常に開放表示がされる。ということだ。

しかし私は「シャッター速度が1/8000秒を越えるぐらいの明るさの場所で撮影しても変わらないか?」と食い下がった。これは今年の正月、初詣で神社に咲いていた花を撮った際に1/8000秒オーバーの警告が出ている状態で撮影しようとして、絞りが開放になっていないことに気づいたからだ。 (通常ならEVF上で白飛びしていてもおかしくないはずと付け加えた)

この状態でプレビューボタンを押下すると明らかに明るくなってボケも大きくなるのだ。

そして、カスタマーサポートから帰ってきた答えは、付け加えた言葉が悪かったのか白飛びに関する設定の話が帰ってきた・・。(悪い予感、このまま訳の分からないやりとりになりそうな気がする・・。)

こちらが設定に問題ないことを連絡すると、やはり点検をさせて欲しいとの回答。 ラチがあかないな~。

とりあえず、こちらが折れて時期をみて点検に出すとして、問い合わせをクローズした。

EVF表示と絞り羽根の動作に関する推察(という程のものでもないけど)

少し間を開けてから、やはりEVFの表示に対して違和感を感じるので自分なりに推察してみた。

オリンパスのカスタマーサポートセンターの回答に違和感があるため自分なりに推察なわけだが、ここまで読んでいればこれを読んでいる人は薄々気づいているかもしれない。

何かのタイミングで絞り羽根が勝手に動作する→そうすると撮像素子の映像がそのままEVFに反映される→つまりEVFにはこの絞り羽根の動作が反映されて表示される

といった感じだ。

絞り羽根の動きからアプローチ

上記の推察をもとにカスタマーサポートセンターに問い合わてみることにした。EVF表示という切り口ではなく絞り羽根の動きというアプローチだ。

絞り羽根がしばらくすると明るさに応じて勝手に動き出すことについて純粋に質問。そして先日の問い合わせの関連性があるのは?とソフトに確認してみる・・。

この問い合わせは見事に功を奏した。

カスタマーサポートセンターからの回答は、周囲の明るさに応じて自動的に開閉するとのこと。更にそのような状態であった場合は、EVFにも反映されて見え方が変わるとのことだ。

これで推察は事実に変わった。

シャッターボタンが押下された瞬間やプレビューボタンを押下した時はこの限りではないものの、私が確認した限りではシャッターボタン半押し時の動きは一瞬設定した絞り値になり、また元の勝手に動く状態になってしまう。

また、正式に故障や不具合ではないとのお墨付きももらったので一応納得。

でも、使いにくいよね。

仕様だということがわかったが、、、これはEVFの表示はアテにならない、ということと同義だったりする。

絞りは開放でも実際には周囲の明るさによって勝手に絞り羽根が動くためEVF表示の被写界深度はアテにならない(これはプレビュー機能で確認できるから、ひとまずおいておくとしても)、明るさに関してもEVF上は絞られて表示されているので適正っぽく見えるわけだが実際には露出がオーバー気味とかアンダー気味といったのが表示上で確認することができないのだ。(これは理論上は正しくないが実際の体感としてはそう感じている)

つまりEVFの表示をみて暗めだから+に補正しても実際にはEVFより明るく撮れているといったことが多発しかねない。(逆に明るいから暗くしたいといった場合の影響は少ない)

ちなみに、カメラの露出計はわざわざ絞り羽根の動きに合わせて露出を算出して実際の絞り値での適正となるシャッター速度を算出しているということだろうか??と素朴な疑問が出てくる。

理論上は表示上の絞り値がF8で実際の絞りがF1.8なら、F8のシャッター速度の4段と1/3高速なシャッター設定になるという訳だろうけど、実際にF8で撮った写真とF1.8で撮った写真の明るさが異なっているというのが実態だ。(被写体の明るさがほぼ一定であることを前提として)

そして被写界深度を確認するつもりでプレビューボタンを押下しても、今度は露出補正が反映されないという意味不明な仕様が邪魔をする。

他社のミラーレスを使ったことが無いのでなんとも言えないものの、これでは撮りにくいだろうな。と感じてしまう。

ミラーレスの先駆者であるオリンパス。 でもこの仕様は写真を撮る人によっては問題と感じるのではないだろうか。