SilverHyper’s blog

下らないブログ

3DS版 ドラゴンクエスト3の感想(その1)

2017年8月24日に3DSドラクエ3が配信されたので、少し懐かしくなりダウンロードしてやってみた。(これはスマホ版の移植であって、3DS用にリメイクされたものではない)

ファミコン時代にリアルタイムでやっていたゲームだが、当時からあまりいい印象がない。どちらかと言えば好きではない作品だ。

好きではないのに、何故ダウンロードしてまでやったのか?というと単純にリメイクされて少しは楽しめる作りやバランスになったんではないだろうか、と淡い期待を込めていたからだ。

しかしプレイしてみて、その期待は儚く消えた。細かい作りは変わっているもののバランスの変更点は少ない。やっぱり面白くないのである。

今回プレイしてみて、好きになれない理由が見えてきたのでメモを残しておきたいと思う。

いきなり結論から言ってしまうが、ドラクエ3はゲーム進行が遅く爽快感が低い。
これが好きになれない理由だ。
つまり、ダラダラとしていてモチベーションが下がってしまい楽しめないのだ。

ドラクエ3は、ドラクエ1ドラクエ2より世界全体が広がり且つ裏の世界まで存在しているためそれまでの2作に比べシナリオが長くなっている。
しかしシナリオが長くてもゲーム進行のバランスが取れていれば、楽しめるゲームだと思っている。

では、なぜゲーム進行が遅いと感じるか、この辺を掘り下げてみたいと思う。

私が考えるゲーム進行を遅くする要素は以下の2点だ

  • イベントが多い
  • レベル上げに時間がかかる

ドラクエ3では、ゲーム進行に関係無いイベントも含め数々のイベントがある。
ドラクエに限ったことではなく、イベントはプレイヤーにシナリオ通りに進めてもらうための一種のフラグとして設けてあるものだ。
つまりフラグが立たなければ、次のイベントへは進むことができない。

ドラクエ3のイベントを逆から見ると

バラモスの城は船で到達不可能

空から降りるためにはラーミアが必要

ラーミアを復活させるにはオーブが必要

オーブを得るためのイベントをこなす

という流れになる。

そして、イベントをクリアするにはそのイベントをこなせるだけのレベルに上がってないとクリアできないということになる。

これは、プレイヤーがキャラクターを成長させる楽しみの要素でもあるため、レベル上げが悪いとは思わない。

しかしドラクエ3ではそのレベル上げにかかる時間がドラクエ1ドラクエ2と比べると長いと感じてしまう。

この長く感じてしまう理由は、ドラクエ3では複数敵との戦闘時間が長いこととその戦闘から得られる経験値やゴールドが低いことが挙げられる。

戦闘時間が長くなるのは、敵とのレベル差が無い状態では敵に与えるダメージが低く敵から与えられるダメージが大きいため、攻撃だけでなく回復も行いつつ戦闘しなければならなくなり、これを怠ると体力の低いキャラクターが簡単に死んでしまうので必然的に長くなってしまう。

更に苦労した戦闘で得る経験値は低くなかなか成長しないため、雑魚敵を倒してレベルアップという作業を長時間強いられることになる訳だ。

ドラクエ3ではこの辺のバランスの悪さが目立つのだ。

このバランスがよいゲームは、イベントをこなしていくうちにキャラクターも成長してレベルが上がっていくというバランス感だと思っている。そういったゲームはやっていて楽しい。
(例えば、ジャンルや機種が違うが、当時出ていたPCゲームでファルコムのYsIやYsIIなどは無駄に経験値稼ぎをしなくても自然と成長しゲームを進めていくことができるためPCゲームの中では当時人気が高かった)

このゲーム進行の遅さが私にこのゲームをつまらなく感じさせる要因になっている。名作とか神ゲーなどと崇める意見もあるが、私の中のドラクエ3の評価はこんなものだったりするのだ。